食べ物と子供の性格

アーユルヴェーダでの体調は

食事・生活・薬(スパイス・ハーブ)

で改善していきます

その中でも今回は

食事

の部分にフォーカスしてお伝えしていきたいと思います

アーユルヴェーダでは心のバランスを3つで分けます

サットバ 純質

ラジャス 動質 激質

タマス 暗質 惰質

それぞれの理想のバランスの割合は

サットバ 90%

ラジャス 9%

タマス 1%

純質なサットバは多くて大丈夫で、動質・激質のラジャスを多く摂ってしまうと、攻撃的になります。そして暗質・惰質のタマスをを多く摂ってしまうと、鬱っぽく怠惰になっていきます。

つまりサットバを増やしてラジャス、タマスは減らしていかなければいけません

とった方が良いサットバ食は

米、牛乳、はちみつ、ギー、果物、アーモンド、作りたて3時間以内の食事

控えるラジャス食は

ジャンクフード、辛すぎ・しょっぱすぎるもの、肉、酒、添加物

控えるタマス食は

冷凍食品、保存食(缶詰・弁当)、2日目以降のきのこ類

子供のころの食事が今後の身体を作っていきます。 正しい食生活を知ることで、健やかな成長へと繋がっていければ幸いです。

MATILDA oriental HP

102ー0072

東京都千代田区飯田橋1-4-3吉澤ビル1F

03-6884-4606

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中